2017年5月12日金曜日

新しい GoogleEarth (Chrome版) にモデルを配置

2017年4月18日に公開された WEB(Chrome) 版の新しい GoogleEarth (ver.9.0.33.1)  で、現状まだテスト機能ということですが、SketchUp でエクスポートしたモデルデータ (KMZファイル) を試しに取り込んでみました。
いつものとおり SketchUp 側でジオロケーション情報を取り込み、そこに簡単なモデルを配置します。
エクスポートした KMZ ファイルをまずアプリケーション版の GoogleEarthPro (ver.7.1.8.3036) で開き、 問題ないことを確認しました。
新しい GoogleEarth が公開されてからはアプリケーション版の GoogleEarthPro のレイヤに「新しいGoogleEarth」という項目が追加され、既定のブラウザが Chrome に設定されていれば、ここからブラウザ版に表示を切り替えできるようになりました。
新しい GoogleEarth で KML/KMZ ファイルを開くためには、まずサイドメニューを表示して「設定」でこの機能を有効にする必要があります。ここではその他に「測定単位」についても「m・km」として「保存」しておきます。
KMZ/KMLファイルを読み込む場所は、すこしわかりずらいですが、サイドメニューの「お気に入り」です。
「設定」で「KML ファイルのインポートを有効にする」設定をしていると、「お気に入り」に「KML ファイルをインポート」というリンクが表示されます。
ファイル自体はローカルな環境または、GoogleDrive から選択可能となっています。
表示は「KML ファイルをインポート」となっていますが、SketchUp から出力した KMZ ファイルも指定可能です。

ここまでの手順で特になにも問題ないはずなのですが、現状取り込まれた KMZ ファイルのモデルのサイズが約40倍となってしまいました。 
1000/25.4=39.3700787... なので、もしかしたら単位の換算のバグなのかもしれません。「設定」で単位を「インチ・フィート」とした場合でも結果は変わらなかったので、現時点ではバグフィックスを待つ必要がありそうです・・・
サイドメニューに「フィードバック」があったので、ここからこの件についてスクリーンショット付きで報告してみました・・







2017年3月6日月曜日

SketchUp で OpenStreetMap [02]

2月始めに PlaceMaker ($249.00)がリリースされました。

リリース前に SketchUp のフォーラムで直接開発者から問い合わせを受取り、日本語訳の協力することとなり、ベータ版を試用しながら、日本語のリソースを作成したので、日本語環境でインストールするとメニューは日本語表示されます。


前回ポストした CADMAPPER と同様に、PlaceMaker も OpenStreetMap にアクセスしてデータを3Dモデルに変換します。 CADMAPPER はブラウザ上の地図から範囲を指定して3Dデータの生成を依頼して、ファイルとして DXF, SKP をダウンロードしますが、  PlaceMaker は SketchUp にプラグインとしてインストールして直接操作します。

CADMAPPER と PlaceMaker の比較をしてみました。

-->
  CADMAPPER PlaceMaker
アプリケーション
コスト
$0.00 $249.00
(Earry Adopter 20% OFF $199.00)
データコスト 00 ~ 01km2未満 : $0.00
01 ~ 02km2未満 : $6.00
63 ~ 64km2未満 : $43.20
1km2 あたりの単価 $0.60
$0.00
データ形式 DXF(3D), SKP(8, 2013~2016) SKP(2016, 2017)
1回の最大取込範囲 最大 64km2 最大 約2km x 2km (SketchUp による)
高解像度の画像取込 なし DigitalGlobe の衛星画像を月250タイルまで追加コストなしで取込可能
(500タイル/$99.00で追加購入可能)
道路
 highway
4種類の幅を指定
roads_1 : highways
roads_2 : major roads
roads_3 : minor roads
roads_4 : footpaths




個別のパスとして
分割して取り込まれる
6種類および車線幅を指定
主要道路   : motorway
一般道路   : trunk, primary, secondary, tertiary
住居系道路  : residential
サービス道路 : service
未分類    : unclassified
車線幅    : lane width
小道     : footway, bridleway, step, path

地形面(サーフェス)とマージオプション有り
道路面としてマージされて取り込まれる
3D建物
 building
高さ設定がない場合の高さ指定 高さ設定がない場合の高さ指定
階高設定(階数指定されている場合)
高さをランダム化オプション有り
マテリアルを読込オプション有り
地形(サーフェス)上に配置オプション有り
水面 あり あり
樹木 なし あり(コンポーネント配置)
GoogleStreetView
との同期
なし あり(PlaceMakerツアー)
Revit 取込用に保存 なし(ver.8 形式は取込可) あり(ver.8 形式で書き出し)
レイヤ分類 buildings
coastline
contours
parks
railways
raod_1
road_2
road_3
road_4
topography
water
Location Snaps
Location Terrain
PM - 小道
PM - 小道線
PM - 建物
PM - 樹木
PM - 水面
PM - 画像
PM - 道路
PM - 道路線
シーン設定 なし PM - 全て
PM - 道路
PM - 道路線
PM - 小道
PM - 小道線
PM - 樹木
PM - 建物
PM - 水面
PM - 画像

大きな違いとしては、PlaceMaker では取り込んだ道路が面として結合されていることと、オプションで指定すると、その道路を地形面とも結合してくれるので、そのまま道路と敷地の境界でテクスチャを貼り分ける事ができることです。CADMAPPER からダウンロードしたデータはセグメントごとに細かく分割されているので、これを加工することと比べると、かなりの時間の節約ができそうです。

CADMAPPER の道路は分割されて個別にグループ化されている
PlaceMaker の道路は結合されている

いずれにしても、OpenStreetMap の「道路」の情報は、「線」で表現されていて、「道路幅」の情報までは持っていないため、正確性はありません。それぞれ、 タグで分類されたさまざまな「道路」についておおまかに4〜6種類の道路幅を指定して、「線」を「幅」を持った「道路(面)」としてモデリングしています。
日本の場合は、「基盤地図情報」サイトから、 別途「道路」の情報はベクトルデータとして取り込むこともできるので、これらを組み合わせて利用することもできそうです。

「建物」の情報は OpenStreetMap ではその外形線と、「高さ」または「階数」などの情報があり、これらがタグで指定されていると、その通りの「高さ」で自動的にモデリングしてくれます。「高さ」「階高」などの指定がなく、単に形状だけの2Dデータの場合は、まとめて指定した「高さ」でモデリングしてくれるような設定もあります。
OpenStreetMap からモデリングする場合の最大の特徴は、もし、対象エリアに希望する情報が整っていない場合、アカウントを登録すれば自分で OpenStreetMap を編集できてしまうことにあるのではないかと思います。

試したところでは、建物形状を、ブラウザのエディタで書き込んでから、ほとんどタイムラグなく、PlaceMaker でその結果を取り込む事ができました。
正確性はないとしても、周辺環境としてのコンテクストをゼロから入力することと比べると、あまり待たされることなくモデリングしてくれる効果はかなり大きいと思います。

PlaceMaker には、上記の他に DigitalGlobe が提供する解像度の高い衛星写真画像を地形面にテクスチャとして取り込むこともできるようになっています。
実際の画像は取り込む前にこちらから確認可能です

この画像を取り込むためには、本来、DigitalGlobe との有料の契約が必要なのですが、PlaceMaker ユーザは、毎月250タイルまでという制限があるものの、特別な契約の必要もなく、フリーで高解像度衛星写真画像を取込可能です。
このタイルの単位は、例えば 2kmx2km のエリアの画像を一番解像度を高くして取り込もうとした場合、指定したエリアとタイルのグリッドが完全には一致させることは難しいため、7x7=49タイル消費することになります。1月あたり、2kmx2km のエリアを5回までなら無料ということです。また、解像度の段階は4段階(低・中・高・最高)あるので、例えば一番低い解像度でよければ、2kmx2km のエリアは1タイルでカバーできます。さらに、250タイル使いきったら終わりということではなく、毎月月末にリセットされるのでライセンスを購入すれば永続的に月250タイルのダウンロードが可能ということです。追加でタイルが必要となった場合は、別途500タイルを $99.00 で購入も可能ですし、使う頻度が多い場合はライセンスを複数購入するという判断もできるかもしれません。

つづく・・

2016年11月25日金曜日

SketchUp で OpenStreetMap [01]

OSM (Open Street Map) については本家サイトに詳しく解説されていますが、日本語での情報提供・活動支援サイトもあり、様々な利用が広がりを見せています。

OpenStreetMap
http://www.openstreetmap.org/
OpenStreetMap Japan
https://openstreetmap.jp/
Learn OSM はじめてからの OpenStreetMap ガイド
http://learnosm.org/ja/

この OpenStreetMap を利用して、 OSMbuilding では3D建物モデルを含め立体的な地図をブラウズできるようになっています。

OSMbuildings (Browser) http://osmbuildings.org/

Java script library for visualizing OpenStreetMap building geometory on 2D and 3D maps (Document) https://osmbuildings.github.io/OSMBuildings/

さらに CADMapper というサイトでは、2D/3Dさまざまなプラットフォームでの利用をめざして、OpenStreetMap を CAD データに変換してくれます。(無料のユーザー登録をすれば、1平方キロメートル未満まではエリアを指定して無料でダウンロード可能です。)

当初ここでサポートされていたのは 2D/3D DWG/DXF, SKP(ver.8) データでしたが、2016/1 には DEMデータ、そしてさらに 2016/8 には コンターラインオプションの追加と SketchUp 2013 ~ 2016 データへの変換がサポートされました。
現状すべてのエリアに3D建物が配置されているわけではありませんが、地図情報としてのモデルを含め、 SketchUp での様々な利用が進みそうな気配です・・

↑ニューヨークのセントラルパーク付近を SketchUp 形式でダウンロード

SketchUp 専用の Plugin (Placemacker) も開発中で、近々ベータ版もリリースされそうです。



2016年9月4日日曜日

SketchUp でパラメトリックモデリング [04]

Viz for SketchUp ver.0.6.1 (early beta) がリリースされました。前回のアップデート (ver.0.5.0) では Mac 版が起動できない状況でしたが、SketchUcation のフォーラムで報告したところ、すぐにアップデートされました。

 前回のポストでリストアップしたノード・リストを更新しました。(NEW061)と表記されているのが今回追加されたノードです。

今回、MakeCone, Cylinder, Line, Rect, Sphere, Teaset, Torus など、さまざまな形状をパラメトリックにコントロールできるノードが追加されています。そんな中で面白いのが、MakeTeaset です。プルダウンメニューから、TeaPod, TeaCup, TeaSpoon  を選択できるようになっています。
大昔からCGのレンダリングテストによく使われたオブジェクトの定番です・・
Viz で生成した Teaset を Visualizer でリアルタイムレンダリング


ver.
Name
Category
Description

Add
Math
Add two numbers/vectors/matrices
(030)
AryConst
Array
Create a array of constant values
(NEW061)
AryFileSink
Array, File IO
Write array data to a text fie
(030)
AryFileSource
Array, File IO
Read array data from a text file
(030)
AryGradient
Array
Create a array of values in the range [min, max]
(030)
AryReduce
Array, Math
Reduce all elements of an array to a single element
based on the selected function such as,
Min, Max, Add, And, Or

ArySize
Array
Compute the size of an array
(NEW061)
Bool3d
Geometry
Computes boolean operations on 3d solids
(NEW061)
CapEdge
Geometry
Cap an edge to for a surface
(NEW030)
Clamp
Math
Clamp the value of two numbers/vectors/matrices
(030)
Eq, Ne, Gt, Ge, Lt, Le が統合
Comp
Math, Logics
Compare x and y based on a comparison function such as:
==(Equal), !=(Not Equal)
>(Greater), >=(Greater Equal)
<(Less Than), <=(Less Equal)
(030)
Container
Container
Container for other nodes

CrossProd
Math
Cross product of two vectors

DirAlign
Geometry, Transformation
Rotate geometry so that Dir0 is aligned to Dir1

Div
Math
Divide two numbers/vectors/matrices

DotProd
Math
Dot product of two vectors/matrices
(NEW061)
ExtractEdge
Geometry
Extract the edge profile from a surface
(030)
Extrude
Geometry
Extrude curves or lines along a profile to create a surface

FBM
Noise
Fractional Brownian Motion noise fucntion
(030)
FaceArea
Geometry, Array
Compute the area of faces in the eometry
(NEW061)
FlipFace
Geometry
Flip face direction

Fx
Math
Mathematical function y=F(x) such as abs, sin, cos, etc.
(030)
Fxy
Math
Mathematical function z=F(x, y) such as min, max, and, or

GeometrySink
Geometry
Output geometry to the modeler

GeometrySource
Geometry
Input geometry from the modeler

GetAttr
Array, Geometry, Attributes
Get numeric attributes from geometry
(NEW061)
ImgFileSink
Imaging, File IO
Write an image to file
(030)
ImgFileSource
Imaging, File IO
Read an image file
(030)
ImgSample
Array, Imaging
Sample an image at position x
(030)
ImgSize
Imaging
Compute the dimensions of an image
(030)
Input
Containers
Create an input attribute in the parent graph

Length
Math
Length (Euclidean Norm) of a vector/matrix

LineSmooth
Geometry
Smooth lines by subdivision up to the specified threshold

MakeCircle
Geometry
Make a circle composed of line segments
(NEW061)
MakeCone
Geometry
Make a cone
(NEW061)
MakeCylinder
Geometry
Make a cylinder

MakeGrid
Geometry
Make a grid of quads
(NEW061)
MakeLine
Geometry
Make a line composed of line segments
(NEW061)
MakeRect
Geometry
Make a rectangle composed of line segments
(NEW061)
MakeSphere
Geometry
Make a sphere
(NEW061)
MakeTeaset
Geometry
Make pieces of a teaset
(NEW061)
MakeTorus
Geometry
Make a torus

Mul
Math
Multiply two numbers/vetorsmatrices

Neg
Math
Negate a number/vector/matrix

Normalize
Math
Normarize a vector/matrix
(030)
NumericInput
IO, Containers
Create an numeric input attribute in the parent graph
(030)
Output
Containers
Create an output attribute in the parent graph

PointNormal
Geometry
Compute the normal at points as average of the 
normal of faces sharing
(NEW061)
PointsToLine
Geometry
Make a line strip out of ppoint positions

Prod
Math
Product of a matrix and a vector / Product of two matrices

Random
Math
Random number generator
(030)
Reduce
Math
Reduce all elements of vector/matrix to a single element based on the selected function such as Min, Max, Add, And, Or

Revolve
Geometry
Revolve curves or ines around an axis to create a solid
(NEW061)
Rotate
Geometry, Transformation
Rotate geometry around an axis

SVec2
Math
Split a vector of size 2 into its two components x, y

SVec3
Math
Split a vector of size 3 into its three components x, y, z

SVec4
Math
Split a vector of size 4 into its four components x, y, z, w

Select
Math, Logics
Select X if condition C is true, otherwise select Y

SetAttr
Array, Geometry, Attributes
Set Geometry's attributes

Sub
Math
Subtract two numbers/vectors/matrices
(030)
TextureXForm
Geometry, Texture
Apply a transformation to the texture of geometry

Translae
Geometry, Transformation
Translate geometry

Triangulate
Geometry
Turn quas and polygons into triangles

Vec2
Math
Make a vector of size 2 from its two components x, y

Vec3
Math
Make a vector of size 3 from its three components x, y, z

Vec4
Math
Make a vector of size 4 from its four components x, y, z, w

X-Axis
Math
Vector pointing along the positive X axis

Y-Axis
Math
Vector pointing along the positive Y axis

Z-Axis
Math
Vector pointing along the positive Z axis
  

2016年7月27日水曜日

SketchUp でパラメトリックモデリング [03]

Rhinoceros の Grasshopper や Revit の Dynamo にはまだまだ機能的には追いついてはいませんが、今年の2月末に、SketchUp でパラメトリック・モデリングを実現するプラグイン Viz for SketchUp が Early Beta 版 (ver.0.1.0) としてリリースされました。


当初、WIN only でしたが、今回のアップデート (ver.0.3.0) で MAC にも対応するようになりました。前回5月末のアップデート (ver.0.2.1) ではカスタムノードに対応しましたが、今回さらに新たなノードが追加され、Extrude やテクスチャマッピングもできるようになりました。


現状、まだマニュアルやノードの解説などが見当たらないため、とりあえずサポートされているノードをヘルプメッセージを頼りに一覧表にしてみました・・


Name

Category

Description

Add

Math

Add two numbers/vectors/matrices

AryConst

Array

Create a array of constant values

AryFileSource

Array, File IO

Read array data from a text file

AryGradient

Array

Create a array of values in the range [min, max]

AryReduce



Array, Math



Reduce all elements of an array to a single element based on the selected function such as,
Min, Max, Add, And, Or

ArySize

Array

Compute the size of an array

Clamp


Math


Clamp the value of two numbers/vectors/matrices

Comp





Math, Logics





Compare x and y based on a comparison function such as:
==(Equal), !=(Not Equal)
>(Greater), >=(Greater Equal)
<(Less Than), <=(Less Equal)

Container

Container

Container for other nodes

CrossProd

Math

Cross product of two vectors

DirAlign


Geometry, Transformation

Rotate geometry so that Dir0 is aligned to Dir1


Div

Math

Divide two numbers/vectors/matrices

DotProd

Math

Dot product of two vectors/matrices

Extrude


Geometry


Extrude curves or lines along a profile to create a surface

FBM

Noise

Fractional Brownian Motion noise fucntion

FaceArea


Geometry, Array

Compute the area of faces in the eometry


Fx


Math


Mathematical function y=F(x) such as abs, sin, cos, etc.

Fxy


Math


Mathematical function z=F(x, y) such as min, max, and, or

GeometrySink

Geometry

Output geometry to the modeler

GeometrySource

Geometry

Input geometry from the modeler

GetAttr



Array,
Geometry, Attributes

Get numeric attributes from geometry



ImgFileSource

Imaging, File IO

Read an image file

ImgSample

Array, Imaging

Sample an image at position x

ImgSize

Imaging

Compute the dimensions of an image

Input

Containers

Create an input attribute in the parent graph

Length

Math

Length (Euclidean Norm) of a vector/matrix

LineSmooth


Geometry


Smooth lines by subdivision up to the specified threshold

MakeCircle

Geometry

Make a circle composed of line segments

MakeGrid

Geometry

Make a grid of quads

Mul

Math

Multiply two numbers/vetors/matrices

Neg

Math

Negate a number/vector/matrix

Normalize

Math

Normarize a vector/matrix

NumericInput


IO, Containers


Create an numeric input attribute in the parent graph

Output

Containers

Create an output attribute in the parent graph

PointNormal


Geometry


Compute the normal at points as average of the 
normal of faces sharing

Prod


Math


Product of a matrix and a vector / Product of two matrices

Random

Math

Random number generator

Reduce



Math



Reduce all elements of vector/matrix to a single element based on the selected function such as Min, Max, Add, And, Or

Revolve


Geometry


Revolve curves or ines around an axis to create a solid

SVec2


Math


Split a vector of size 2 into its two components x, y

SVec3


Math


Split a vector of size 3 into its three components x, y, z

SVec4


Math


Split a vector of size 4 into its four components x, y, z, w

Select

Math, Logics

Select X if condition C is true, otherwise select Y

SetAttr



Array, Geometry, Attributes

Set Geometry's attributes



Sub

Math

Subtract two numbers/vectors/matrices

TextureXForm


Geometry, Texture

Apply a transformation to the texture of geometry

Translate


Geometry, Transformation

Translate geometry


Triangulate

Geometry

Turn quas and polygons into triangles

Vec2


Math


Make a vector of size 2 from its two components x, y

Vec3


Math


Make a vector of size 3 from its three components x, y, z

Vec4


Math


Make a vector of size 4 from its four components x, y, z, w

X-Axis

Math

Vector pointing along the positive X axis

Y-Axis

Math

Vector pointing along the positive Y axis

Z-Axis

Math

Vector pointing along the positive Z axis


ver.0.2.1 にあったいくつかのノードは、ver.0.3.0 で統合されたりしているものもあるようなので、古いソースとは互換性がなっくなっている様です。というか、絶賛開発中ということですね・・・

公開されているサンプルファイルを開いて、いろいろ試してみようと思います・・





2016年7月12日火曜日

SketchUp 3DBASECAMP 2016 レポート [02]

初日のキーノートの後、午後のセッションから選択したセッションを順番に紹介します。

6/13 13:15 - 14:45
#11 Down to the Details : Model Everything in SketchUp
John Brock

Extention Warehouse にYouTube 動画あり

"Down to the Details" というタイトルが示すとおり、どこまで細かくモデリングしているのか興味がありました。基本的にはツーバイフォー工法による住宅で、建物を構成する要素の全てを SketchUp のグループ・コンポーネントにより、情報化モデリング(「カタチ」に全て「情報」を付加してモデリング)しているのですが、これらを単にレポートツールで集計するというだけにとどまらず、専用のプラグイン「Estimator $149」を開発して、モデリングしながら、リアルタイムで!コストまで確認できるというものでした。

SketchUp は BIM ではないと思われているかもしれません。また、直接日本の工法には適用できないかもしれませんが 、BIG BIM に頼らずに、 SketchUp でも使い方次第で、ここまで既に出来ているのか!という SketchUp Effect (効果と可能性) は、充分に再確認できるものでした。

レクチャーで使われた資料は前回のポストで示したとおり、PDF形式で、GoogleDrive の John Brock フォルダ からダウンロード可能です。


つづく・・・

2016年7月10日日曜日

SketchUp 3DBASECAMP 2016 レポート [01]

2016/06/13 - 15 アメリカ・コロラド州・スチームスプリングスで開催された 3DBASECAMP に参加してきました。

3DBASECAMP のサイトはコチラ
https://sites.google.com/a/sketchup.com/3d-basecamp-2016-steamboat-springs/

6/13 午前中のキーノートスピーチ(*1) は追って動画も公開されると思いますが、今回の大きなニュースとしては、ウェブブラウザ上で動く SketchUp my.SketchUp.com が発表されたことでした。

(*1)3DBASECAMP の動画が公開されました。YouTube Channel はコチラ (7/16追記)

その後、6/13 午後から、6/15 午前までの3日間、多くのプレゼンターによるプログラムとワークショップが用意されており、一人で全てには参加できませんでしたが、仕事上、建築関係のプログラムを中心に聞いてきたことを、簡単にレポートしてみようと思います。

プログラムは当初、タイトルと講演者の名前と時間が表記された番号順のリストで公開されましたが、同時刻に複数のタイトルがあり、何が選択可能かわかりずらかったので、LayOut を使って、タイムテーブルにしてみました。(実は完成直後、便利な 3DWAREHOUSE 専用 APP が公開されました)




各プログラムのプレゼンテーションで、全てではありませんがプレゼンター毎に配布された資料は、3DBASECAMP 参加者には USB で事前に配布されました。(約4GB)
なんと、同じ資料は 3DBASECAMP サイトの Program ページの記述の、「  Find all of the 3D Basecamp Knowledge here!  」というリンクから、Google Drive にアクセスして同じものが全てダウンロードできるようになっています。

配布されたデータは各講演プログラム毎に分かれており、講演者の名前がフォルダ名となっています。全ての講演者が配布していたわけではなく、一部空っぽのフォルダもありますが、それでもかなりの情報量です・・ まずプログラムのリストを見て、気になるセッションの講演者の名前を確認して、その名前と同じフォルダを探すと、その中に講演で利用したプレゼンテーション資料や SketchUp データなどがはいっています。


つづく・・